カテゴリー
tigerlily

新作BMS「Y/N」を公開しました


新作BMS「Y/N」を公開しました。


インスピレーションは完全にShinichi Osawaの新作「SO2」
このアルバムで使われている手法をあらゆる所で試してみつつ、何かテーマを決めようかな?と思い。
今回はもともとbmsイベント「FIVE VS SEVEN」提出用にと考えていたので、とことん「7」というものに拘ってみました。


・途中で7拍子を入れる
これは相当困りました。いつも3か4拍子でしか曲を作っていないため、どうしても8拍子になりますw
まずはドラムセクションから固め、そこからテーマ等を考えていきました。


・メインメロディの音色を7つ使う
イントロと中盤に出てくるピアノっぽい音色、これはエレピとアコピ、1音ずつ違う音色を7種類使っています。
意外と面白い効果になったので即採用。中盤和音を使うとボコーダーみたいな聞こえ方になってちょっとビックリしました。


・7KEYにする
これはちょっと前にroopとの会話で「僕らが7KEYで出たら笑えますよね」という話題が出て、なるほど。それなら、と思い一通り「7KEYっぽい曲調」を会得すべく7KEY曲を聴き漁りました。これは効果があったかは分かりません…。
譜面に関してはSPにfebreze、DPにeleven両名にお願いしました。いつもmp3だけお渡ししてアサインが空の譜面を頂き、そこから音切りをするんですが、今回はどういう譜面展開になるのかすごく楽しみで。届いたbmsファイルをダブルクリックする瞬間、かなりワクワクでした。


・KP3(KAOSS PAD)を多用する
BMSでは初の試みです。(“A.K.A.”のBGAでKP3が出てきますが、実は使ってません)
だいたい味付け程度に使うくらいだったんですが、Y/Nでは全面的に使いました。実際にはエフェクターとしては使っていなくて、シンセモードの音色10個中7個使っています。オススメは”SYN08″。音の変化が一番面白いです。


・その他
あと実験的な試みとして、不要な音もわざと採用しています。波形処理で残った切れ端のオーディオファイルや、環境音、雑踏の音など。料理で言う隠し味みたいなものでしょうか。これで楽曲に深みが出ればな、と思います。
そういえば声ネタも「7」に関連してます。有名な映画のラスト?

最後にBGA。新進気鋭のmurotani氏にお願いしました。plugout4のBGAがカッコ良かったのでつい。
ある程度のテーマを伝え、基本は自由に作って頂きました。自身もBMS制作をしているだけあって、ツボを心得てる感じ。しかしこんな映像絶対自分では作れないな。と言っててもアレなのでそのうち映像ツール導入します…。

というわけで本日8/1から「FIVE VS SEVEN」開催です。
投票期間は8/5から。皆さんインプレッションお待ちしております!ルゼ率いる7KEY軍に勝利を!!

「FIVE VS SEVEN」
「NO.25 TIGERLILY – Y/N」