久しぶりのiPad演奏動画をアップしました

調べたら半年ぶりでした。
久しぶりに演奏動画をYoutubeにアップしてます。

そういえばiPad miniを購入してから初めての演奏動画ですね。
やっぱりiPhoneの小さい画面よりも断然操作しやすいです。
今回は左側iPad2にiKaossilator、右側iPad miniにSamplrというアプリを使用しています。


iKaossilatorは本当に素晴らしいシーケンサーアプリです。
今回作成したエレクトロハウス、ダブステップのトラックはものの10分位で組み上がっています。
直感的にビートが組めて、次々にセーブ出来る操作性の良さは毎回触りながら感動していますw
iKaossilatorをダブル起動して同期させればもっとトラックの自由度が上がるので、機会があればそういう動画も撮ってみたいと思いまっす。
KORG iKaossilator – KORG INC.


Samplrも今回初めて使いましたが素晴らしいです。
つい1ヶ月前に出た新しいサンプラーアプリなのですが、こちらも直感性がかなり重視されています。
Youtubeを見ていただいたら分かるかと思いますが、波形上で押すとそこから音が再生されるという超近未来設計。
僕は今回本当に押したところから鳴るようにして偶然性も楽しんでみましたが、分割して範囲内での再生も出来ます(1/32まで)。
再生方法も複数あって、ヴァイオリン奏法やテープ、スクラッチまであります。このあたりも試してみたいですね。
あと凄いのが右上のエフェクター。かかり方が結構エグくて好きです。
リバーヴ、ディレイ、Hi/Lowパス、ディストーションと使えるものしか積んでないのも良い。
僕もこのアプリはまだ使いこなせてない感がすごいので、beatmaker2と並行して使いこなしたいですね。
Samplr – Marcos Alonso


今回の動画はアドリブ性を重視してみました。
ミスっている所もある通り、1発だけしか録画していません。右手でクラッシュシンバル部分を再生させながら、左手で音色変更をするところは動画で見ててもスリリングですねw
いつもはかなり練習して臨むんですが、こういった録画の仕方も緊張感があっていいなと思ったり。
今年もたくさんアプリのレビューがてら演奏動画をたくさんアップしていきますのでお楽しみにですー!