カテゴリー
Kのるつぼ

週刊るつぼレポート(10-06-15)


オープニングアクトはジェイムスのしみちゃん。
一人での演奏で、終始まったりムード。途中お客さんと交互に「you」と掛け合いするシーンがすごく印象的でした。
ここでひとつ裏話。楽屋で呼び込み待ちをしているKのホーンズ面々。しかし最後の曲になってもなぜか呼び込みが無い。どうやらヒロキさんが勝手に言ったアイディアだったようで、しみちゃんには伝わってなかった様子…。紹介されずに、しかも曲中に勝手にステージに上がるというなんともいえない登場でした。

レポートを書いてる時点でもあまり実感がありません。まあいいや、続けます。

るつぼでの現メンバーのK-106は今回で最後となりました。
後からなおきさんに言われましたが、傍目からでも僕が緊張してる様に見えたみたいで。実際緊張してました。普段あまり緊張などしないのですが、さすがに今回は。もう来週はないわけで、下手できないなと自分を追い込んでた感じです。その結果が出たかなと思ってます。

最後だし、と思いWe need Funk内でサプライズを用意しました。
なおきさんと何かさせてほしいと頼んで、演奏枠を頂きました。僕は全てMPCで演奏したんですが、あのサンプル音には少し意味があって。昔に出したEP、MMPQシリーズ順にサンプリングをしています。MMPQ、HotShot、Communication with the Passion、Frantic Volcano…。構成の関係上5と6は抜いてますが、MPCはバキューン!とか効果音を出すだけの装置じゃないんだぜって事がわかって頂けたかなと思います。本当にやりたい事をやって大丈夫かな、理解されるかなと若干心配でしたが、杞憂だったようで安心しました。

もうひとつ、思ってもみないサプライズが。
実は前ベースの森ちゃんが見に来てくれていて。ダブルアンコールを頂いたときに「Man Power弾けよ」と冗談でメンバー一同言っていたのですが、まさかの実現。
あーこんな感じやったな、とすごく懐かしいと同時に、これで森ちゃんもK-106として演奏収めができるな、と感慨深いものがありました。この時なぜかACアダプタが抜けていて僕の音は出ていませんでしたが、皆さんには聞こえたはず!

本当に多くの方にご来場いただき、ありがとうございます。
言葉には表せないくらい、感謝しています。あなたがいないとライブは成立しないんです。どちらか一方的だと、昇華しないんです。Kのるつぼはそれが完璧に出来たイベントだと自負しています。
僕は2年半ずっと火曜日は108にいて、あーでもないこーでもないと切磋琢磨してきました。その作業は場所は変わっても変わりません。いつか違う形でるつぼに戻ってこれたらな、と思っています。どうかそのときまで、Kのるつぼが続いていることを願います。

来週からは新生K-106です。変わらぬご声援、よろしくお願いします。
最後の最後にカメラを忘れて涙目の、キーボードのTOMがお送りしました!

来週から絶対誰かるつぼレポート書けよ!(笑

※この記事は「K-106 BLOG」から転記しています。Kのるつぼについてはコチラからどうぞ。