カテゴリー
Kのるつぼ

週刊るつぼレポート(10-04-20)


ゲストはThe Creator’s Convention。
このバンドの曲はテーマのメロディが斜め上ばかりで大好きです。
あとサックスとギターがテーマをユニゾンして演奏するんですが、あれが効果絶大。かっこよいです。色々な面でなにかKとは対極な感じだな、と思ったり思わなかったり。そういう面でも、ケイタロウさんが在籍してたのはなるほどな、と思います。

そんなThe Creator’s Conventionでギターを弾くハッチさんが「ゆえにFUNKY」内で名演連発。多分打ち合わせナシで呼ばれたと思うんすが、そんなことは感じさせないアドリブ力でヒットを量産していました。ナイスです。

その次に登場したのがオープニングアクトで演奏していた桴桴。天照を覚えてきてくれたようで、確かに前回よりもバッチシ緩急がついてました。しかし太鼓の音は大きい。ステージ内では太鼓の音しか聞こえず、各人のモーションでアンサンブルしてる感じ。体現てこういう意味なんだろうなと思います。

というわけで始まった新体制。K-106は1セットになったんですがどうでしょうか?僕は流れも色々考えれて、また色んな見方ができるなという見解。次回のセットもお楽しみに!

次回はお!ど!る!つ!ぼ!各界のダンサーが集結!皆さんシャルウィーダンスしませう。
最近、水筒男子なキーボードのTOMがお送りしました!

※この記事は「K-106 BLOG」から転記しています。Kのるつぼについてはコチラからどうぞ。