【冬コミCDレビュー】Atomic(TECHNOMY) – GLITCH

同人音楽に関わるようになってから、沢山のCDを頂いたり買ったりすることが増えてきました。
誠に申し訳ないんですがそのまま聴かずにCDBOXに眠ってしまったり。。
それは非常にイカン!ということで一度聴いてレビューを書いてみようかなと思います。
ゲットしているCDは12枚。というわけで12回に分けてお送りします。
1枚目は【TECHNOMY】Atomic – GLITCH です。

Diverse Systemで一緒のCDで曲提供することが多かったAtomic氏。
そんな縁から「おふろEP」も参加させていただいたりしました。
そんな彼が放つ1st solo Albumのテーマは”GLITCH”。

ほんとジャケット通りの質感、展開。
アートディレクションを担当してるmashanayukiさんはホント凄いっすね。
見ただけで分かるコンセプトは訴求力もありますし、手にとった時に「か、買う!」てなりやすいと思いますw

1回聴いてみた感想を。
“Gig”の音の奥行き感、かなり好きです。気合を感じます。
“Glitched”のハーフビート、多い感じも良いですね。
“Wakuraba”はインド料理屋でかかってる”インド音楽に別ジャンルを放り込んでみた”ではなくて、”ダブステップ・グリッチにインド音楽を放り込んでみた”感じが非常に面白いなと思いました。
この辺りが個人的にオススメトラックでした。

このCDはDiverse Systemの通販ページで購入することが出来ます。
あと公式サイトでは試聴のほか、murAta YuziさんによるPROMOTION MOVIEもあります。ぜひぜひ。

TECHNOMY
Diverse System通販ページ