nord stage compact classicを自力で修理した

数年前から地味に故障してて修理に出そうか迷っていたnord stageをエイヤっと自力で修理してみました。
なんと直ってしまったので、検索しても引っ掛からなかったのでまだ見ぬnordユーザーのために書いておきます。

※自己責任でやってください。どうなっても知らないからな!!

故障箇所は最低音FからBまでがベロシティ最小で出力されてしまうというもの。
ひたすらググってたら鍵盤の接点不良で、分解して掃除したら直ると書いてたので実行に移しました。

まずは全てのネジを外します。で、鍵盤奥のパネル部分が外れるのでガガッと外します。
鍵盤部分が見えたはずです。こんな感じ。
Jpeg

次にパネルと鍵盤にコネクタが4つくっついてるので外します。以下の通りです。

Jpeg
Jpeg
Jpeg
最後のやつがフェイクで、鍵盤部分にネジが付いてるんでそれを外せばオッケーです。このコネクタどうやって外すんだろう…
全部外れたら晴れて鍵盤が外せます。ちょっと重いんで気をつけような。

Jpeg
裏返して、ネジ止めしてある箇所を全部外して基板を裏返した画像が↑です。
グレーのゴム部分を外すと、

Jpeg
こんな感じ。2×2の接点部分を綿棒でゴシゴシします。僕は接点復活剤をたまたま持ってたんで、綿棒にちょっと付けてゴシゴシしました。
無水エタノールとかでも大丈夫かと思います。
で、あとは逆の順番で元に戻す感じです。

正直まさか直ると思ってなかったんで、直った瞬間声が出ましたw
グレーのゴム部分はどの鍵盤でも流用されてるモノのようなんで、ここが死んでても部品取りで何とかなると思います。
もうこの鍵盤はサポート終了してるので、うおお何かおかしいってなった方がリレイズできたら幸いです。

ちなみに接点復活剤は1本持ってると便利なんで、ここから買うようにw