Q.オーディオインターフェイスにiPadを繋いで、6ch以上のパラアウトってできるの? – A.できます。


(2014/12/11更新)
iPad自体の性能UPに伴い、パソコンで出来ることはほぼ出来るようになってきました。
「オーディオインターフェイスにiPadを繋いで、6ch以上のパラアウトってできるの?」という質問に答えた時に、
もしかしたら需要あるかも?と思い、忘備録的にまとめを書いておきます。
※日進月歩の分野なので、すぐ仕様が変わる可能性があります。ご了承くださいませ!
※全ての機種・アプリの動作確認をしているわけではなく、製品ページの情報からまとめています!


◆パラアウトの需要について
主にバンド演奏の時にBGMとバンド演奏を同期するために、BGMとドラムだけ聴くクリック音を分けて出力するときに使います。
BGMの音(ステレオ)、ドラム用のクリック音(ステレオ)の合計4チャンネル使う場合が殆どですね。
最近は出力チャンネルの多いオーディオインターフェイスも増えてきたので、BGMのベース、ドラム、その他の楽器を分けて出力することによって音の分離を良くさせる方法もトレンドになってます。
今まではパソコンやMTRを用いてやる方法しかなかったんですが、iPad・アプリの性能が上がったお陰でこれも最近出来るようになりました。
メリットとしては、格段に機材のセッティングがラクになりますね。あと見た目もカッコイイw


◆どうやってやるの?
具体的には、
・iPad AirかiPad mini(Retinaディスプレイモデル)
・Lightning – USBカメラアダプタ
・パラアウト出力対応かつiPad接続に対応しているUSBオーディオインターフェイス
・cubasis(アプリ)
この4つが必要です。以下1つずつ解説していきます。


◆できるだけ新しいiPadモデル

リンク先は最新モデルですが、もちろんiOS8にアップデートした旧世代のiPad/iPad miniでも大丈夫かと思います。
しかし出力チャンネル数が多い、BGMに使うトラック数が多い分には、旧世代のiPadではクラッシュする可能性があります。
最新モデルを使っていると精神衛生上も安心でしょう。演奏中に止まってしまったら元も子もないですからw


◆Lightning – USBカメラアダプタ
apple storeへ飛びます

これはiPadとUSBオーディオインターフェイスを繋ぐ際に必要です。
必ず純正品を使うようにしましょう。類似品で非常に安いものもありますが、Appleさんはこの辺りが厳しくてすぐに使えなくなってしまいます。
(画像のリンクはApple storeへ飛びます)


◆パラアウト出力対応かつiPad接続に対応しているUSBオーディオインターフェイス

以上のリンクはフォーンケーブルで6ch以上出力できて、iPad接続に対応しているオーディオインターフェイスです。(2014/12/11現在)
6chあればBGM、BGMのベースのみ、クリック音といった感じに分けることも出来ますね。
デザインや価格で好きなものを選べばよいと思います。コスパ的に良さそうなのは、AudioBox 44VSL、Scarlett 18i8、UR28M辺りでしょうか。
UR28Mに関しては後述するcubasisに正式対応しているので、迷ったらコレにしましょう。


◆Cubasis(アプリ)

言わずと知れた老舗DAW、CubaseのiPad ver.です。
他にもiPad用のDAWアプリはあるんですが、機能については他を圧倒しています。5000円と価格も他を圧倒していますが、価格に見合うアプリだと思います。
ちなみにアプリ的には48chまでパラアウト対応しています。すげえ。詳しくは画像のリンクからどうぞ。


以上が必要なものになります。接続方法、操作感としては以下が詳しいです。

iPadで24/96、マルチch入力を実現するPreSonus AudioBox 44VSL : 藤本健の“DTMステーション”

藤本さん、いつもお世話になってます。
それではバンドマンの皆さん、素晴らしいiPad同期システムライフを!



UR28Mのパラアウト方法がマニュアルに載っていなかったので、設定方法を追記しておきます。
UR28M本体を最新ファームに更新
↓↓↓
iPadアプリ「dspMixFix」をインストール。OUTPUT設定を「Independent」に変更
↓↓↓
UR28Mの[OUTPUT A]のボタンを押してからSOURCE SELECTを[MIX 1]、
[OUTPUT B]のボタンを押してからSOURCE SELECTを[MIX 2]、
[OUTPUT C]のボタンを押してからSOURCE SELECTを[MIX 3]を選択
↓↓↓
パラアウト完了!

よろしければこちらのエントリーもどうぞ。