padKONTROLを使ってmicroKEY61にサスティン・ペダル機能を付ける

2013-05-13 19.49.50

※完全に技術者向けです。
KORGから発売したミニ鍵盤仕様のMIDIキーボード、microKEYシリーズ。
待望の61鍵盤モデルが出て速攻で購入したものの、サスティン・ペダルが挿せないと分かり、たまーに使う程度でほぼ使わない状態でした。
先ほど改造してペダルを挿せるようにした記事を見て、逆に改造しなくても使えるようにする方法を思いつきましたw

ひとりぶろぐ » ペダルが取り付けられないKORG microKEYにペダルを取り付ける改造を施す

これが改造の記事。すばらしいアイディアでサスティン・ペダル導入を実現しているのですが、僕にはコイツがいた。

2013-05-13 18.41.29

そう、padKONTROL。
この機種にペダル入力がある事をすっかり忘れてました。
というわけで設定設定。まずこちらをダウンロード。

KORG USB-MIDI Driver [windows] [Mac]
padKONTROL Editor Librarian Software [windwos] [Mac]

両方ともインストールして、padKONTROL Editor Librarian Softwareを起動。
最初にしないといけないのは、MIDI in,outの設定。これをしないと設定が反映できません。

0010f35d99d50e1ae7de4246a20e8c25

こんな感じにセット。
あとは右下の黄色いペダルをクリックして、以下のように設定。

86d4561d2dd61637827ec3d0cbb4d515

※ちなみにこの設定はKORG・KAWAI製のペダルの設定です。
YAMAHA・Roland製ペダルの場合は、ON VALUE:0、RELEASE VALUE:127に設定してください。
あとハーフペダル採用機種は使えません。仕組み上仕方ないですね。。

あとは左下の[TRANSMIT]ボタンをクリックすればOKです。
肝心の使い方ですが、microKEYとpadKONTROL両方を活かさないとサスティンしてくれません。
具体的にはableton Liveだと”MIDI From”が“All Ins””All Cannels”だと大丈夫です(デフォの設定ですね)。

これでピアノバッキングも自然に録音できます。やったね!