電車の中で映像見れるってすげえ有意義

というわけで動画再生に挑戦。
とりあえずD902isでminiSDをフォーマット。あとカメラで適当に動画を録ってminiSDに保存。こうすると勝手に保存先のフォルダを作ってくれて後で困りません。

次に動画をD902isで観れるように変換。付属のソフトでも変換できるんですがなかなか遅いんで今回は動画変換君という素晴しいソフトを使います。
コイツは変換元のファイルを選びません。rmファイルから変換できるソフトってこれくらいな気がする。
設定はPSP用でオッケー。色々試して見た結果、
①30fps、768kbpsは再生できるがガクガク。
②30fps、500kbpsにするとたまにガクガクするもののほぼ完走。
てな感じでした。kbpsの変更はTranscoding.iniでいじれます。設定ファイルを作ってみたんでメンドクサイ方は↓をクリック。
ファイルが出来たら名前変更。MOLxxx.MP4(xは数字かA-Fまでのアルファベット)で。そうしないとD902isで表示されません。

あとは保存場所ですが、「/SD_DIVEO/PRL001/」の中へ放り込みましょう。D902isにminiSDを入れて情報更新すれば見れるはずです。画面がデカイんでなかなかの満足感ですよん。

参考資料:AirWiki: FOMA/D902is


D902isの暫定設定です。動画変換君のフォルダ内のTranscoding.iniをメモ帳で開いてコピー&ペースト→上書き保存で設定完了です。

[Info]
Title=機種別設定:MP4ファイル, D902is用
TitleE=Model: MP4, for D902is
Description=D902isで使われているMP4形式に変換します。

[Item0]
Title=ビデオクリップ用
TitleE=QVGA/29.97fps/500kbps Stereo/160kbps
Command0=””<%AppPath%>\cores\ffmpeg” -y -i “<%InputFile%>” -title “<%Title%>” -timestamp “<%TimeStamp%>” -bitexact -vcodec xvid -s 320×240 -r 29.97 -b 500 -acodec aac -ac 2 -ar 24000 -ab 80 -f psp “<%OutputFile%>.MP4″”
Command1=””<%AppPath%>\cores\ffmpeg” -y -i “<%InputFile%>” -f image2 -ss 5 -vframes 1 -s 160×120 -an “<%OutputFile%>.THM””

[Item1]
Title=アニメ用
TitleE=QVGA/23.98fps/500kbps Stereo/128kbps
Command0=””<%AppPath%>\cores\ffmpeg” -y -i “<%InputFile%>” -title “<%Title%>” -timestamp “<%TimeStamp%>” -bitexact -vcodec xvid -s 320×240 -r 23.98 -b 500 -acodec aac -ac 2 -ar 24000 -ab 64 -f psp “<%OutputFile%>.MP4″”
Command1=””<%AppPath%>\cores\ffmpeg” -y -i “<%InputFile%>” -f image2 -ss 5 -vframes 1 -s 160×120 -an “<%OutputFile%>.THM””

[Item2]
Title=一般再生用
TitleE=QVGA/29.97fps/500kbps Stereo/128kbps
Command0=””<%AppPath%>\cores\ffmpeg” -y -i “<%InputFile%>” -title “<%Title%>” -timestamp “<%TimeStamp%>” -bitexact -vcodec xvid -s 320×240 -r 29.97 -b 500 -acodec aac -ac 2 -ar 24000 -ab 64 -f psp “<%OutputFile%>.MP4″”
Command1=””<%AppPath%>\cores\ffmpeg” -y -i “<%InputFile%>” -f image2 -ss 5 -vframes 1 -s 160×120 -an “<%OutputFile%>.THM””