カテゴリー
日記

突発性難聴になっちゃいました

まさか、ですね。
実は2,3週間前から治療を続けております。
最近若い人もなるらしい「突発性難聴」。なってしまったのでレポートしたいと思います。

2/13。最初に違和感を感じた日。上桂まで電車に乗ってたんですが、妙に耳が詰まる。それも何回も。この現象は疲れてる時になるので、「今日はよく寝るかな」とか考えながら談笑してました。

2/14。THBの練習で愛知県へ。「あれ?」っとなったのは解散してからの帰りの電車。高音の耳鳴りはたまに鳴ったりしていましたが、低音の耳鳴りは初めての経験でした。この時点から右耳がずっと耳鳴り。

2/15。この日はライブでした。右耳に違和感を感じながらも演奏。このときに割と愕然としました。「右に置いてるモニター音、低音が全然聞こえない」

2/18。この日にやっと耳鼻科へ。しかしこの耳鼻科が非常に適当な所で、聴力検査も別室ですが防音室ではなく、周りの音聞こえまくり。「あー花粉症のせいじゃないですかね」というふんわりした回答を頂き、来週違う耳鼻科行こうと決心。

2/20。最近近くに出来た耳鼻科へ。妙に広い耳鼻科だと思ってましたが、最新鋭の機材が揃っていました。ここで念密な聴力検査をし、「突発性の感音性難聴」と診断。やはり低音部が聞こえていないようで、左右の耳で30dBほどの違いが出ていました。しかしこれでも軽度難聴らしいです。。ここから5種類のお薬生活開始。あと2,3日に1回の通院生活開始。

というわけで今は週に1回くらいに減りましたが、通院生活は継続しています。
戻らないかもなーと思っていたら、今日聴力検査をして左右の低音の開きが15dBになってました。少し改善してきた様子。以前に比べると、薬の効果もあるかと思いますが耳鳴りの頻度も落ちてきました。先生が言うには完治の可能性も出て来たそう。良かったぜよ。。

原因について。先生が言うには過度のストレスが原因になることが多いそうですが、結局の所はよくわからないそう。音楽に携わっているのが原因、というわけではなく、30-40歳の女性が統計上一番多いそうです。
完治には発症してから1週間以内のの投薬が勝負らしく、僕はギリギリセーフって所でしょうか。。
ステロイド系という薬を主に使うのですが、この薬が非常に強力らしく、僕は副作用はありませんでしたが色々な弊害をもたらすことがあるそうです。

「もうMIXできねえな。。」と思っていたのですが、改善の兆しがあるので継続して投薬治療をしていってます。結局の一番の治療は生活改善じゃないのかなと思っています。
ミュージシャンの皆さん、やっぱりちゃんと休める時は休んだほうが良いみたいですよ。