カテゴリー
android

IIJmioを使い出して1ヶ月経ったのでまとめてみた

僕はiPhone4ユーザーでしたが、Androidがちょっと気になっていました。
2年契約の更新が迫ってきて「iPhone5にするかなー」て時に「月945円で定額通信」というIIJmioを知り、
思い切ってAndroidに乗り換えてメイン使いしてみることにしました。
1ヶ月使ってみて、わかった事を淡々と書いていきます。


◇IIJmioとは?
NTTドコモのLTE網に対応した、データ通信用のSIMカードを提供するサービス。
つまりドコモの回線で、低速(128kbps)ですが定額通信ができるというわけ。

◇契約内容
IIJmio:高速モバイル/D(ミニマムスタート128プラン)
使用機種:Galaxy S2(sc-02c)

◆そもそも通信速度が128kbpsで使い物になるの?

結論から言うと、なります。
この辺りは使い方にもよるとは思いますが、僕の場合は
・gmailでメールの送受信
・twitterで投稿、閲覧
・Instagramで写真投稿
・foursquareで投稿
・050plusで通話
ココらへんが出来ればオッケーでした。
正直IP電話アプリの050plusでの通話は厳しいかなと思ってましたが、全てストレス無く出来ました。
twitterに関してはiPhone時代と殆ど一緒の体感です。あれ、速い回線て要らないんじゃね?
でも画像が沢山あるサイトや、Instagramで画像を見るといった用途はさすがに厳しい感じです。
Instagramだと1つの画像を取得するのに10秒はかかる印象。
あとはYoutubeなどの動画閲覧でしょうか。これはWifiで見ましょうw
余談ですが、速度計測してみると平均速度が128kbpsよりも上回ってます(画像参照)。

◆050plusが凄い

ちょっと脱線しますが、メイン使いに必要不可欠なので書きます。
IIJmioはデータ通信サービスなので、音声通話はできませんでした。が、最近できるようになりました。
それがIP電話サービスの050plus。電話番号も取得できるので、一般電話やケータイからも電話を受けることができます。
正直LINEやcommに電話番号が付くくらいのサービスかと思ってましたが、予想を上回る高機能でした。
何と無料で留守番電話が付いてます。どこのキャリアも実質有料サービスっすよこれw
もっと凄いのが留守番電話を聞く方法。
指定のメールアドレスに録音音声の添付ファイルが付いたメールが飛んできます。なんて合理的!
ちなみに留守番電話サービスはデフォルトではOFFになってるので、要設定です。
着信時間に応じて自動的に留守番電話に切り替わる機能があれば完璧だったんですが、これはない様子。
圏外だった場合か、アプリが起動していない状態に留守番電話が働いてくれます。
しかしこれで月額315円は凄い。

◆回線の質ってどうなのよ?

これに関しては場所によりけりでしょうね。
僕の住まいは大阪ですが、地上だと途切れたりすることはありません。問題は地下。
移動によく地下鉄を使うのですが、駅から次の駅までは当然圏外になります。で、次の駅の停車時間に回線は復活するんですが、何故か通信が出来ない状態に。。
これは端末の個体差なのかもしれませんが、手動で3G回線を再起動させると復活します。
なので、僕は地下鉄移動の場合は回線を切るようにしています。
恐らく「データ通信」での運用なのでこんな事が起こるのかなーと。
そうそう、「ON-OFFデータ」というウィジェットが素早く再起動できて便利ですよ。

◆マップの現在地の精度は?

IIJmio結構いいやん!と思ってたんですがやっぱりウイークポイントが。
ドコモユーザの皆さんならご存知かと思いますが、GPSでの現在地表示が結構適当です。
ある程度の位置は取得してくれるのですが、やや誤差がある印象。
慣れればいいんでしょうが、初めての土地の場合は厳しいかもしれません。ちなみに僕は方向オンチですw
この点はiPhoneの圧勝ですね。ほぼ完璧に追従してくれてました。今はマップ自体が大変なことになってますが。。

◆総評

1ヶ月使ってきてわかった事は、「これはメインで使える」。
この運用方法での最大のメリットは、月々の料金の異常な安さ。
IIJmioの料金が月945円、050plusの料金が月315円。
合計1260円で人並みのスマホライフが送れるわけです。
あと嫌になったらすぐ解約できるってのも時代に逆行してて良いですね。
050plus同士の通話料は無料なので、これだけでも契約して僕と無料通話しましょうw

IIJmio:高速モバイル/D概要

050plus公式サイト
【androidウィジェット】ON-OFFデータ